頭頂部に限らず全体的にすいた様に薄い頭髪だったのですが、フィナステリド剤の服用と、ナノテクノロジーによって毛根まで届く有効成分が届く育毛剤の二つを併用して、頭髪を回復させました。
実行に移して、数日もしないうちに、脱毛の現象が見られましたね。
毛髪はそれでも抜けるのですが、細い抜け毛は見られなく、太いものばかりです。
髪の寿命が尽きて抜けたものなのでしょう。
そして、一ヶ月ほどだった頃です。
時間がなく、日課となっている育毛剤を塗布が出来ず、そのまま髪をブラッシングしたのです。
すると、育毛を始める前よりもずっと、ブラシの抵抗感があります。
何か引っ掛かりが感じられるのです。

若いころは頭髪が多く不愉快にすら感じていたのですが、それに近い抵抗感があるのです。
毛髪が増えたことを実感しましたね。
急ぎだったので、そのまま出かけましたが、帰宅して合わせ鏡で全体を見てみると、どこも回復しています。
さすがに細い毛も這いない部分は無理でしたが、残っているところは復旧しているのです。
毛の本数は恐らく変化がないと思われます。
しかし、毛髪が太くなっているため、髪に抵抗感があり、増えているように感じるのです。
最近の製品は良く効きますね。